花粉のひどい季節ですがいかがお過ごしでしょうか。
自分は鼻がつまってぐっすり眠れません。

えぇ。
辛いです。

さて、依存症の二大特徴は「嘘と借金」と言われていますが、例外無く自分も借金があり嘘もつきます。

当事者が言うのもなんなんですが、何故嘘をついてしまうのかはわかりません。
昔からそうですが、パチンコで勝った話はするけど、負けた話ってあんまりしない人は多いんじゃないでしょうかね。するとしてもちょっと負け額を少なく言ったりね。
そこらへんから嘘つきが訓練されてるんでしょうね。

そんな事をくり返していると、いつの間にかエスカレートして、嘘をついてパチンコ屋に行く様になったり・・・
ダメですよね。
気が付くと、嘘をついてるという事に無感覚になっていきます。
何度も嘘をつくことで罪悪感のようなものはなくなっていくわけです。

でも決して嘘をつきたいわけではないんです。
自分で嘘をつこうと思っていなくても、嘘を言うようになってしまう。

でも後で後悔する。
後悔するけど弁解とか謝罪とかはできない。
何か言わなきゃって思っても、そこで罪悪感が芽生えて言えなくなってしまう。
言わない時間が続くと、どんどん何も言えなくなってくる。
そして会話を避ける様になる。

それは怒られますよね。
分かってはいるんです。すみません。

今までついてきた嘘で、妻には何度も悲しい思いをさせてしまいました。
申し訳ないと思ってます。
今は少しでも正直に言えるようになりたいと思ってます。
だけど今でも本当のことを言うと怒られるとか、傷つけるとか考えちゃって何も言えなくなる事もあります・・・

依存症発覚以来妻にはいろいろ助けてもらってるので、もちろん感謝していますが、それよりも罪悪感が大きいです。
申し訳なくて、妻にとっては離婚したほうがいいんじゃないかと思うこともありますが、妻から言われたら受け入れざるを得ないけど、自分の気持ちとしてはそれは避けたい。
だから、できるだけ普通の生活に戻してやっていきたいと思う。
なんとか人並みの幸せってやつをあげたいとは思ってるんですよ。自分も。

とりあえずお互い死ぬ時に「結婚してよかった」と思えるような夫婦になることを目標に、日々がんばります。

※妻と一緒に食べにいきたいものランキング
1:ジンギスカン
2:串カツ
3:スイーツバイキング

そのうち連れて行きます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

夫その27