あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

さて、新年一発目でなんですが、久しぶりに凹んでいる
理由は推して知るべし。この場でこういう事を書くのだから、夫の言動行動以外にはないでしょう。

事の起こりは三連休最終日、夫に「テーマももらっているし、新年一発目の記事書いてよ」と依頼したところ、わたしがリクエストしたテーマを読み違えた文章が書かれていた訳だが、これがなんというか……
「あれ?あんた元の位置まで戻ってない??」
と思わざるを得ないものだった。
わたしが書いて欲しかったテーマは「今の自分が、まだ借金する前の自分にアドバイスするとしたら? そして当時の自分はどう言われたら引き返したか。やめようと思ったか」というものだったんだけど、夫が書いたのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』のスポーツ年鑑を手にしたビフみたいに、一攫千金を得る為のアドバイスばかりだった。
とりあえずそもそも書くべきポイントがずれているので「こういうことじゃないよ〜」と伝えて書き直してもらう事にしたんだけど、どうにもモヤモヤしたのもあり、この人わたしが止めなければこれをアップしてまたお怒りのコメントで袋叩きに合ってたんじゃないか。と思ったのもあり、「ああいうことを書くなら、こういう言い回しにしないと誤解されるよ」とアドバイスしたところからちょっとした口論になった。
翌日まだ釈然としないものが心に残っていたので、もう一度その記事を読み直してみたんだけど、自分が一番気になったのは「パチンコをやめろというのはすぐには出て来ない。だって負けなれば借金しなかったし、借金しなかったらまだやっていたと思う。楽しかった頃のことまで否定したくない」という部分だということを突き止めた。
【楽しかった頃=勝った記憶】が多分に含まれているのだろうとわたしは思うのだけど、この記憶のせいでパチンコでお金作ろうとして今に至るんじゃないのか? まだそんな事を言うのか。とゲンナリしてしまった。

少し遡って、土曜に夫は新年最初のGAに行った。
夜、夫にLINEをしたところなかなか返事がない。
今どの辺にいるんだろう?と思ったのでGPSを確認したところ、位置が追えなくなっていた。
朝から外出していたので電池が切れちゃったのかな?と思っていたら、「電源が落ちてた」という返事が返ってきた。「そんなことあるか?」とは思ったものの、とりあえず据え置いたんだけど、件のブログのやりとりのあとなんとなく夫のお小遣い帳を確認すると、記録と実際にポケットウォールにある金額がかなり合ってない。
状況証拠だけでいったら、残念ながら間違いなくクロ………

もちろん夫と話合い。というか、わたしの思いの丈をぶつけることにしたけど、今までのやりとりで思う事は、夫には多分自覚と覚悟が足りていないんだと思う。
発覚からここまで色々な措置を考えて実行してきたんだけど、それらは全てわたしが考えたもので、夫はそれを実行してきてはいるものの、時々こういう事が起こる。
「言葉は信じられないから、行動で示して」「わかった」
何度目かのこのやりとりに追加して、
「今あなたに課している事には全て意味があるのだから、本当に覚悟があるなら、金輪際今決まっていることは100%やるくらいの真剣さを持ってくれ。そうじゃないから言う事と行動に矛盾が生まれてこういう事が起こるんだから」と伝えた。理想としては自分から「こうした方がより良いかも」とかアイデアを出してきてくれることなんだけど、さすがにそこまでは望めないしね…。

今までの経緯から夫の言葉を信じる事はできないので、真相が分かるまでは疑ったままにするしかないんだけど、これがとっても辛い。
こうやって振り子のように行きつ戻りつしながら回復していってくれるなら、まだこの辛さも我慢できるよ。だけど、確証は一切ない中でこれを数年間続けて行くのかと思うと、さすがに考えてしまう。
そもそもが夫婦なんて突き詰めれば他人で、このままうまくいくかどうかは賭けなのかもしれないけど、より確率の低い方に賭けているということなんだから。
夫婦なのに自分の夫を信じることができなくて、それでも見守っていくということの意味を考えて欲しい。
確証のないものに自分の人生の数年を賭けているんだから。こんな恐ろしいギャンブルなんて本当はしたくなんかない。
でもわたしは選択してしまったので、とりあえずはもう少し続けてみようと思う。
結果、「バカだったなぁ」で終わったら本当にアホらしいけど、レアな経験したな。ってネタにはなるか。

新年一発目でかなりの長文、失礼しました

ちなみに、スポーツ年鑑って何?という方の為に貼っておきます。
 ↓

バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2 [DVD]
マイケル・J・フォックス
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

妻その38