パチンコ依存症からの回復 〜夫婦二人三脚闘病記〜

夫のパチンコ依存症が発覚。それに対応する妻の奮闘と対応、夫の心模様や回復への取り組みを、それぞれのカテゴリで綴る夫婦共同執筆ブログ。

2017年09月

妻その26 カスタマイズ

最近めっきり夫がブログを書いてくれないので、妻ばかりが登場しててすいません

とはいえわたしもいつもいつも何か書きたい事や考えがまとまるという訳でもないので、更新頻度下がってるなぁ。いかんいかん。
いよいよおすすめ映画のカテゴリー作ろうかな…。

そんな中、最近というか少し前から思っていることがあり、なんとなく「書けそうかな〜」ってくらいにはまとまってきたので挑戦してみようかと!

【家族サイドの対処法について】

これは最近Twitterを見ていても、実に色々なケースがあるので一概に「こうするといい」っていうベストが実はないんじゃないかな。と考えるようになった。
そもそも「こうしなさい」「こうするべき」という声の発信元が、一体どんな性格でどんな事が得意で、どのケースに該当する経験をしているか分からないので、言われたままやっていたからといって自分たちのケースに効果があるとは思わない方がいいんじゃないかと思う。
もちろんベースとしては参考にするというか、最低限これは守らないといけないという点はあるけど。
(借金の肩代わりはするな。とか、現金を持たせるな。とかね)
特に心構えの点においては、これはもうそのケースの他それぞれの性格や相性、得手不得手があるので、まさに組み合わせは無限大!
ある程度の正解はあっても、100点はないと思った方がいいんじゃなかろうか。

あとねー、「当事者サイドはその病気で苦しんでいるんだから家族サイドは責めてはいけない。」とかよく見聞きするけど、それはハッキリ言って難しいよ。そちらにも言い分があるのでしょうが、こちら側はまったく無実なんだから、それを責めてはいけないと言われても実は納得なんてできません。むしろそのストレスでこっちの人たちはみんな心も体も、すごくダメージを受けているんだから…。
どうやってもその心情が理解できないまま「こうしないといけない」「ここを気をつけないといけない」という普通では警戒しなくてもいいようないわゆる異常事態に巻き込まれているんだから、みんな困惑するしものすごい消耗しているということを忘れないでもらいたい。

そうやって考えて行くと、前回でも触れたようにその相手とのパワーバランスなども含めて、デフォルトを踏まえた上で自分たちに合った対処法をカスタマイズしながら、なるべくストレスなくしんどくないようなやり方で取り組んでいかないといけないので、情報を取り入れながらあの手この手でやっていくのがいいんだろうな。と個人的には思う。
実際わたしも割と最近やり方間違えて「失敗した〜!!」って反省することがあったので、「これだ!」っていうのが見つかるまでは何度か失敗するものだと思おう!
しかも多分「これだ!」ってのも、時の経過とともに変わっていくだろうから、ほんとある程度の回復が見込めるまでは休まる暇なさそうだけど…。

カスタマイズについては、もしかしたら家族サイドも当事者サイドも両方当てはまるのかもしれないけど、まぁ当事者サイドは「病気」ということなのでやはりこちらサイドよりはデフォルトを遵守しないといけないのかな。

ちなみにこれを書くにあたり、夫と何かあった訳ではないですよ〜。
くだらない喧嘩はするけど、基本的には最近は平和にやっています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

妻その26

妻その25 Twitterから学んだこと

夫の依存症発覚後、色々やってきたことの中で実は一番身になっているというか助かったのは、Twitterかもな。と最近思う。

最初はブログ拡散用という目的で始めたけど、フォロワーさんが増えていくうちに、段々とみんなと交流すること自体がとても楽しくなった。
同じ立場の人はあまり見かけなかったので主に当事者さんたちなんだけど、みんな本当に頑張ってやめようとしていて、それが順調な人もいればそうでない人もいるけど「やめたい!」っていう気持ちは一緒で、その為に日々戦っているんだなぁ…っていうのがリアルに感じられて、心を打たれた。
最初はわたしは家族側の人間だし、この病気と戦っている人の苦しみは申し訳ないけど分からないので何も言わないでおこうと思っていたんだけど、顔の見えない友だち達に愛情を感じ始めてからはもう黙っていられなくて。
みなさん本当に私に対して優しくて、この病気はこういうものだからこうするといいですよ。とか教えてくれたり、夫に対して自分の考えを言ってくれたり。色々と力になってもらっている分、何か返したくなってきたんだろうな。多分。
無事に一日が終われば「お疲れさま!」の意味を込めていいねして。
スリップ報告があれば「明日からまた頑張れ!」って伝えて。
時にはどうしたらやめられるかを考えて伝えてみたり。と、色々とこちら側からもアクションするようになっていった。結果、交流する機会も増えてきて関係性はより良くなったような気がしてる。勘違いでなければだけど

最近は少しずつ「家族」の立場の人たちが増えてきて、これまた見ていて「ああ〜わかる〜〜!」とか「こうした方がいいのに〜!!」とか思うのだけど、こちらは同じ側の人間なんで、割とするっとリプつけちゃうw
わたしもまだまだ途上(多分何年目とかの人たちも含めて全員が「途上」だろうけど)ながら、ここまでに得た知識や経験をアドバイスすることは出来るし、何より不安なのがとってもわかるから、少しでも救いになればと思ってる。

ギャマノンも含め「家族」側の人たちの声を今までより見聞きするようになって、もしかして元々の夫婦のパワーバランスとか収入源の割合によってとかで、対応の仕方とかそういうのがやりにくい場合もあるのかも。とかまた新たに考える様になってきた。
うちの場合は、わたしが年上なのに加えて生活費も支え合っていたので夫に対して最初から厳しく色々と要求できたけど、例えばこれが主に夫のお給料で暮らしていたとしたらどうだったろうか。
「俺が稼いだ金だ」っていう言い分に対して「それはそうですが…」っていう、ちょっとこっちの立場が弱くなってしまうような気がするなぁ。だって事実だけ見たらそうなんだもん。
でも二人以上で暮らしていたら「俺が稼いだ金」を好き勝手に使っていいものではない。という考えがあってしかるべきだと思うけど、これを説明する手間とか考えると頭痛くなりそう…。
というかこれ説明しないとわからない事!?って感じですが。

ちょっと考えただけでもこうやって、同じ立場ながらも難しいパターンっていうのはあるような気がしてしまう。分かってくればくるほどここの海は深くなっていきそうだけど、どのくらいなのかわからないと自分のいる位置も見えないからね。なんでもそうだけど知識って本当に大事。

そういった意味でも、ギャマノンも大事だけれどやっぱり情報量としてはTwitterはとっても有益だと思うからやって良かった!
もしまだやっていない人がいたら、是非トライしてみて欲しいなぁ。絶対に損しないと思うので

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

妻その25

夫その19 日常

最近淡々と毎日を過ごしてます

仕事が忙しいということもあるのか、お疲れ気味です。
なんとなく全身力が入らなかったり、めまいとか立ちくらみとか・・・
夏バテ?
ただ疲れてるだけ?

このままいくとちょっとまずいかなーと思う

疲れていても治療はしないといけません。
ここ最近は、病院・カウンセリング・GAと継続して通ってます。
最初の頃と今では意識とか変わってきてるのが実感できてます。
いい変化なのか、悪い変化なのかはわかりせんが確実に変化してます。

前は異常だったなと思うし、今もやっぱりおかしいよなとも思います。
今まで普通と思っていたことをおかしいと思える変化。
大きな一歩です。

歩幅を大きくすることはできない。
牛歩くらいのスピードでもいいから変化していければいいかなと思う。

きっと早く変われよと思う人が多いんだろうと思うけど、
変わりますって言ってすぐに変わるなら依存症なんて言葉は存在しなくなる。
できないからみんな大変なんだ。

がんばりましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

夫その19



妻その24 ギャンブラーの家族あるある

今回は我が家の、というかわたしの考えを書くのだけれど、おそらくギャンブラーの家族の方々はみんな同じような思いをしているのではないかなぁ。という前置きの元スタートします!
あと今回ちょっと重たいです
----------------------------------------
先日ちょっとした事件があった。
内容については書くととても長くなるので割愛するけれど、わたしが対応を間違えたせいで家族にまで余波が及んでしまった。
結果家族会議が開催され、これにより夫がどういう考えでいるかだったり、わたしは言い方をもっとマイルドにしないといけないという改善点であったりとか、色々と得られるものももちろんあったのだけれど、最も印象に残ったのは
夫はやっぱりまだ底ついてないんじゃないかな…?
という疑念と不安だった。

そんなことない。と夫は言うのだけれど、「嘘をつく」という症状がある限りはやっぱり言葉はほとんど力を持っていないのだよね。再三言っているように、行動で示さないとこちらは申し訳ないが信用できない。
色々な規制についてはもちろん喜んで進んでやっている訳ではないだろうというのは知っているけれど、そうされる原因はどこにあるのか、その状況を作ったのは誰なのか。ということを、もう忘れているのかしら? と思わざるを得なかった。

わたしたちのような「自分以外の誰かがいるパターン」の場合に限るのかもしれないけど、ギャンブラー当人たちはもしかしたらその時の苦しみや焦燥感や申し訳ないといった気持ちは、薄れてしまうのかもしれない。何かの折りに自身が感じた絶望感は思い出すのかもしれないけど、こちらを傷つけたという事実についてはもしかしたら別なんじゃなかろうか。

対して、こちらはどうかというと、
その事実も含め、あの時のショックは決して忘れない。おそらく一生。

今回の件で夫はまたわたしに嘘をついた。
どういった心境からそうしたのかは説明を聞いてもよくわからなかったけど、発覚した時に「決して嘘はつくな」という約束をしたのに。
嘘の内容自体は他愛もないものだったけれど、その約束はどんな状況であっても破っていいものではないのに。
それが呼び水となり、夫がわたしについた嘘の数々がよみがえってきて、悲しいやら悔しいやら腹が立つやら…。久しぶりに泣きそうになった。

その気持ちを本当に消化するなんて、愛情がある限りきっと無理だとわたしは思う。
わたしはあの日泣きながら焼きそばを作った心の痛みを忘れることは出来ないし、笑い話にも出来ない。それは夫への愛情がなくなった時に初めて出来るものだと思う。

多分なんだけど、こっちの立場の人たちはみんなこういう思いをしているんだよね。
この差について自分なりに考えてみたけど、おそらく夫サイドは「自分でやったこと」なのに対してわたしサイドは「相手にされたこと」だからじゃないかな。
「自分でやったこと」は自分の頑張りで取り返せるけれど、「相手にされたこと」は自分の頑張りだけではどうにも出来ないと思う。
対象者が身近にいてその行動や言動に触れ続けているなら尚更。

そう考えると夫サイドは自分の信用回復と同時にこちらへのケアもしないといけないので大変だなとは思うけれど、それだけのことをしたんだって事は常に忘れて欲しくないなぁ。

こちらだってね、自分の家族を疑い続けるなんて本当はしたくない。本当は信じたいし許したいんだから。

冒頭でも書いているけどこの気持ちって多分割と多くのこっちサイドの人たちが感じていることだと思うので、夫サイドの方々は参考にしてみてください。

とかいって、あたしだけだったらどうしよう
そしたらごめんなさい

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

妻その24
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 累計: