パチンコ依存症からの回復 〜夫婦二人三脚闘病記〜

夫のパチンコ依存症が発覚。それに対応する妻の奮闘と対応、夫の心模様や回復への取り組みを、それぞれのカテゴリで綴る夫婦共同執筆ブログ。

2017年08月

妻その23 片手で充分なんだよね

ここしばらくの間、週末になると夫の心療内科やプログラム、GA、歯医者。といったように非常に忙しい日が続いている。
それらは夫の予定ではあるものの、わたしもまったく無関係でなはく、まだしばらくはお金を持たせた状態で一人で外出させるのは心配なので、その全てに同行している為わたしもある程度予定を把握していないといけない。

そんなある日、歯医者に行った夫から(歯医者は地元なので同行はしないで良いから家で留守番している)「今後の土曜の予定を教えてくれ」とLINEが。
で、来週はカウンセリングでしょ。だの、その次はプログラムでしょ。だの伝えてたんだけど、ここですごく違和感を覚えた。何故夫は自分の予定を把握してないの? と。
その日は歯医者から帰宅後GAに行く事になっていたのだけど、ちょうど夫が帰宅する頃にひどい雨が降り始めた。ギリギリまで待ってとりあえず行くつもりで玄関を出ると、駐車場に行くまでに相当ひどいことになるな…というのが予想される降りだったので夫が「どうしよう?」と相談してきた。
わたしはあくまで送るだけなので、「あなたが決めなよ」と任せるも、なかなか答えが出ない。「別にどうしてもいつものところに行かないといけない訳じゃないし、明日どこかの会場に行くんでもいいんじゃないの?」と助け舟を出すと、じゃあ今日はやめておこう。ということになった。

そして翌日、朝起きて「今日どうするの?」と問いかけても明確な返事がこない。考えているんだろうと思ったのでそのまま放置し、夕方になってもなんの意思も見えなかったのでさすがにイライラしてきてしまった。

再度「どうするの?」と聞いてみても黙ったままなので、久々にプチっときてしまった。
「あんたの予定なんだから、わたしに聞かれる前にちゃんとどうするって言いなよ! あと予定についてもなんで自分で把握してないの? わたしあなたのマネージャーじゃないんだから、自分の予定くらい自分でわかるようにして!!
わたしはわたしで考えないといけないことや、やらないといけないことがたくさんあるんだから、あなたの事まで面倒見てられないの! 自分のことは自分でやって!!」

と、これ、言ったあとに「あ、これだ。」って思った。

ついうっかり「自分にも関係あるから」って夫の予定を把握して先回りして行動してたけど、これがダメなんだ。って身に染みた。
わたしがこれをやってしまう限り、夫が「そういうものだ」と思ってしまうんじゃないか?
今までは夫の両手を持って「はい、こっちだよ。あっちだよ」ってやってしまっていたんだけど、それじゃダメなんだよね。大人同士なんだから手を引くのではなく、並んで手を繋ごうと思った。
「こうなって欲しい」という形があるなら、そうなるように自分にも改めるべきところがあるんだよね。

結局その日以降は夫の予定に関しては報告だけ受けるけどわたしがスケジュールやカレンダーを見ないようにした。

その結果…
夫がカウンセリングの時間を30分間違えるという事態になり、わたしはその30分+夫のカウンセリングの間30分、合わせて1時間の待機となってしまいかなり辛かった…。
そんな訳でわたしが管理した方が自分としては楽なのだが、ここはぐっと我慢…。
そして夫にも、こういう事があると割を食うのはわたしだということを経験として実感してくれるならそれでもいいんだ…。いいんだ…。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

妻その23

夫その18 安定感

さて、わたくし土曜日は基本的に予定が詰まってます。
心療内科に歯医者にGAに・・・
忙しいです。

つい先日カウンセリングをはじめました。
1回目なのでどうだったとか言えないですけどね。
これからどうしていくかとかの話だったんで、まだわからない。
何か自分の中で変化はあるのかしらと思ってます。
カウンセリングの今後に期待。


GAはどうもバースデーだったようで、お祝いして頂きました。
30日とか60日とかでお祝いがあるようです。
今回は30日。感謝です。
この日の夕食は外でスパゲティとピザを食べたのですが、
そこの店員の女の子(たぶん女子高生なんだろう)が水をじゃんじゃん注いでくる。
5杯か6杯は飲んだ気がする。
そんなわけでお腹がいっぱいの状態でケーキなどを食べました。
大食い好きとはいえさすがにきつい。
残ったお菓子を妻にあげたら喜んでくれた。

GAにも慣れてきて、なかなかいいところだなぁと思う様になってきました。
全ての人がそう感じるとは全く思わないけど、悩んでるひとがいたら教えてあげて欲しいとは思う。
まぁ大概の人はちょっと無理・・・って思うかもしれないけど。

なんか治療に関してのことは全く書いてない気がするけど、治療はこれからも続けていきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

夫その18

妻その22 ポジティブに借金と付き合おう

今更言うことではないが、我が家には借金がある。
夫だけでなく、わたしにも少々あったので(ギャンブルとか買い物とかで出来たものではないですよ!)、入籍を期に収入合算方式を取り入れ各自お小遣い制とし、家計についてはわたしが回していく。という形をとっていたので、夫が暴れて借金を増やしてからも引き続きわたしが代表で各社に返済の手続きをしている。
うちはぶっちゃけ全部で9箇所あるのでそれはもう利子の事なんて考えたくもないんだけれど、おまとめローンをしようにも夫は貸付自粛しているから無理だし(そもそももう立派な多重債務者なので、どこも貸してくれないと思う)、かといってわたしの名義でやっては絶対にいけないので、なんとかこのままやっていくしかない。

という訳で、その他のことと同様に「どうせなら楽しくやりたい!」と超ポジティブに取り組むことに決めている。

元々家計簿に残債の項目はあったのだけれど、少しでも夫を安心させたいという目的で各社毎の項目を作り毎月返済した後そこに記入していくのだけど、これがねぇ、少しずつではあるけれど真面目に返していく限り確実に減っていくでしょ? それを見るのが、予想外にものすごくわたしのモチベーションになっている。
まぁその内訳まで考えちゃうと、元金が一万も減ってないじゃん…とかいう場合もあってちょっとしょんぼりするんだけれど…。そこは潔く無視!

より一層楽しくするために、わたしは残債を「ゲーム上の敵」とみなし、どうやったら楽に倒せるかを考えることにした。
わたしは「真・女神転生Ⅲ NOCTURNE マニアクス」が好きで、ラスボスに勝つ為のスキルをパーティ全員につけるまでちまちまレベル上げしてから楽勝で終わらせたという経験があって、これを借金たちにも食らわしてやろうと思いついた。

名付けて、雪だるま式返済方法

仮に毎月1.5万円払っていたA社が完済したら、そのまま次に残債の少ないB社の返済に乗せて、同じく毎月1.5万だったとしたらA社分をプラスした毎月3万円にグレードアップさせる。
そしてB社が完済したらその3万円を次のC社の1.5万円に乗せて合計4.5万円を返済する。
同じようにD社→F社……とやっていくと、【攻撃力が強くなっていく=元金が減っていく】ので、後半になるにつれて一発一発のパンチが重くなり敵のHPを大きく削れるようになる!
その為に今面白くもないステージを延々と周回してレベルを上げているというイメージ。
だけど準備が整ったら……それはもうレベル&スキルMAXの全勢力で襲いかかってやるんだ〜。それがもう今から楽しみで楽しみで仕方ない!!
ラスボスをどこに設定するか悩むところだけど、まぁ現状で一番額が大きいところで考えるのが妥当だろうなぁ。
一番の憎い敵「AF社」をどの段階で叩こうかと悩み中。

そしてマイナスだったものをゼロにしたら、今度はそれをプラスにしていく喜びが待っている…!

来年くらいから上記作戦に取りかかれそうなので、もう早く来い来いお正月って気持ち。あ、その前に挙式がある! それももちろん楽しみ〜。

楽しい事を目一杯楽しむためにも、やっぱりやるべきことはちゃんとやって生きていこう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

妻その22

夫その17 寄り道

少し寄り道をします。
帰りに寄り道をするとかじゃなく。
あ、いや、久々に寄り道はしましたが・・・
(同僚にごちそうになりまして、少し呑みに行きました。妻に聞いたら行って良しと快く(?)OKしてくれたので。ありがたや。)

話題についてです。
※※今回の内容は世間的な正解でもなければどこかで調べた情報でもないです。個人的な感想とかなんで、気をつけてくださいな。

最近妻のブログの内容にもありましたが、何故パチンコをやるのか。
「お金のためです!」
嘘ではありませんが、これだけが答えではないです。
正確には
Q:なぜパチンコをやるのですか?
A:面白いからです

Q:なぜ借金してまでやるのですか?
A:お金のためです

こうなります。
(ストレス発散も目的の一つではありますけど、面白いからストレス発散になるって感じ。もちろんストレスがたまるだけの時もあります。)

パチンコ・パチスロは面白いと思います。
借金を作ってしまった人間が言っていいことではないですが、そう思ってます。
宝探しに似ている感じもします。

みんな最初は面白いから打つだけだったと思う。
でも途中からお金が一番に来てしまうのがいけない。

「昨日負けたから今日は勝ちたい」
「昨日の負けを取り戻したい」
「今日勝ったから明日も勝てる」

こう考えるようになったら終わりです。
正しい楽しみ方が出来なくなってる証拠です。

最近のパチンコ・パチスロは昔と比べると緩やかです。
規制されていってますからね。
でも、その規制は本当に意味があったんでしょうかね。
バカみたいな話ですが、昔は『5万使って10万勝つ』だったと思ってます。
最近は『3万使って1万勝つ』くらいかなって思います。

遊び易くなってきた反面大勝ちする確率が減ってる。
※遊び易くと言っても当たる確率が多少上がってるだけで、出玉とか継続率とかは落ちてると思います。
煽り方は激しくなってるので、期待感は右肩上がりですけど・・・
ムキになってお金入れて、当たるまでやるとかしちゃうともうダメですよね。

結局自分はパチンコで借金作って苦しんでます。苦しめてます。
好きでパチンコやってたのに苦しんでいる。おかしな話ですよね。
好きな事してたのに悪い方にしかいってない。
何事もほどほどが一番と思えれば違う状況になってたかもしれません。
ほどほどでやめれなかったから今こんなんになってる。

自制心って大事です

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

夫その17








妻その21 「初めて」がいっぱい

今回は、「夫その16 コーヒータイム」の妻サイドです。

三連休の中日は、夫の診療内科からGAへのはしご。と忙しい一日だった。
心療内科通院も4度めになり、先生から「次からカウンセリングに入ろうか」と提案された。実は夫は最初からカウンセリングに興味があったようだが、料金が割高になるという経済的な理由でまだ受ける事ができないでいたのだけど、ようやくなんとか大丈夫かな?(本当か?)という感じなったので、その提案を受けることにした。まぁ多分これ以上心療内科の分野で出来る事は特にないということなんだろうな。とも思ったし。
うちの最近の紛争の種は、「夫が自分の考えている・感じていることを言わない(うまく表現できない)」という事なので、カウンセリングが始まってそういう部分が改善したらいいな。と思ってる。
ちなみに上記のようなことを心療内科の先生に言ったら「鋭いねぇ。できた奥さんだね」って褒めてもらえた。嬉しいな〜。
診察の後、次回からお世話になるカウンセラーの方に紹介していただいたのだが、とっても優しそうな、親近感の感じられる女性で、次回のスケジュール調整がてら10分くらい少しお話をする時間を割いてくださった!
いや〜。さすがプロですね。夫結構喋ってましたな。わたしからしたら「何それ? 意味わかんない」と思うような発言も全て肯定的にうんうんと聞いてくださった。
その後夫に「さすがに聞き上手だね」と言ったら「聞き上手というより、喋らせ上手だと思う」と言ってた。夫の初めてのカウンセラーさんとの接触は文句なしの好印象。かなり乗り気だし、ますます回復へ前のめりになってくれるといいな。

その後は夫をGA会場に送り届け、今回からわたしは待機せず単身で帰宅するという初の試み。
これは実はわたしが待機する際の駐車料金やお茶代を節約するという意味もあるんだけど、GA終了後もしかしたらお茶でもしましょう。とかそういう流れにもなってくれないかな。という狙いもあっての事だったんだけど、これが最初から当たった!
たまたまわたしのツイ友さんが参加していて、終了後夫に声をかけてくださったのだ。
ありがたいことですね。

わたしが参加しているギャマノンでも、ミーティング終了後に残ってみんなでわいわいきゃっきゃとガールズトークをしているんだけど、それが楽しい。ってみんな言っているしわたしもそう思うので、夫にも是非それをして欲しかったのだ。
ずっと「友だちと会う」とか「会社の人と飲み」だとか嘘つかれてたので、やっぱり心情的にはまだちょっと嘘に登場してきた人たちとの遊びは許可できないんだけど、少し羽を伸ばさせてあげたい気持ちはあるので、せめてGAの仲間からのお誘いは二つ返事で送り出してやりたいのよね。
すごく有意義だったし楽しかったらしいので、参加させてあげられて良かった。

ちなみに帰宅後の夫と少し話したのだけど、いい機会なので「もしわたしがあの時気付かなかったらどうしてたと思う?」と聞いてみた。あの時点で自分でも「もうダメだ」とは思っていたそうなので(定期代に手をつけてしまった→交通費がない→会社に行けない→稼げない→すべておしまい。という図式になっていたらしい)、もう話すしかない。と観念はしていたのだと。
しかし今までこれを聞いたことがなかったのにちょっと自分でも驚いた。早くも「過去」になってきたという事なのかな。いや、だからといって忘れないけどね!
そして今回改めて「自分はパチンコがどうというよりやっぱりお金が引き金なのかも」って気付いたらしい。実際借金をなんとかしたくてやってた訳だしそれはわたしも思う。
わたしが家計簿を見ながら残債が少しずつ減っていくのを楽しめているように、夫もそう思えるようになってくれればなぁ…。とりあえずは目に見えて「減った!」って金額になったら、そういった焦りや罪悪感が少し軽減されるのかもしれないから、引き続き頑張ろう!

夫にもわたしにも、「初めて」がたくさんの、大変実りのある濃くて良い一日だった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

妻その21

夫その16 コーヒータイム

病院へ行ってきました。
心のケアです。

そろそろカウンセリングを開始するとのことで、カウンセラーの方に挨拶をしてきました。
なーんか話し易い人で、なんていうか近所の明るいおばさん?

おばさんって言ったら悪いですが、とにかくいい感じの人でした。
まだ始まってもいないけどなんとなく続けられそうな予感。
吉報ですね。

その後はGAに行ってきました。
参加している仲間の話を聞いていると、相変らず「自分がいるわ・・・」と思います。
考え方とかが似てる感じなので。
不思議なもんです。
例えるとしたらパラレルワールドの自分が集まって会議してる感じです。
脳内会議を現実にやってる感じ。
なんかこわい。

ミーティング後は数人の方とお茶して話をしましたが、楽しいひと時でした。
深刻な話ばかりじゃないので素直に話が入ってくるような。
やはり大事な内容は世間話から入るのが大切だと思う。
堅くなった頭じゃいい話も素直に聞けないように思えるので。

今のこと、今後の事も相談できることもあるかもしれないし、
なにより気分転換にもなるので機会があれば参加していきたいですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

夫その16

妻その20 発覚から今日までの対策まとめ

妻の投稿数が20と区切りが良いので、今回は発覚から今日までにとった対策のまとめです。
対策方法を考えている身内の方や、単身で頑張っているギャンブラーの方などの参考になれば。

●お金関係について
  • 消費者金融からの借り入れが多々あったので、まずはそのカードの全てを提出させた。
  • インターネットバンキングができる場合は返済にカードは不要なので、万が一に備えてログインに必要な番号部分だけを残して全てハサミを入れて捨てた。
  • 身分証明書の全てを没収。
  • 銀行のキャッシュカードの没収。合わせて代理人カードを作成し、わたしもその口座のお金を動かせるようにした。
  • 借り入れ状況の把握。うちは消費者金融からの借り入れだけ警戒していれば良かったので日本信用情報機構(JICC)のみの情報開示請求だけですが、クレジットカードは指定信用情報機構(CIC)銀行からの借り入れについては全国銀行個人信用情報センターでそれぞれ請求できます。
  • 日本貸金業協会で行っている貸付自粛制度に申し込み、これ以上の借入が出来ないようにした。
  • お札を千円以上持たせないようにした。
  • 毎日お小遣い帳をつけさせる(これは物理的にパチンコに行かせないようにする他、嘘ついて悪さした罰としての意味と、限られた予算内でお金をやりくりするという考えを育てる狙いも)。
  • 家に現金を置く際は全て、金庫にしまう
  • 家計簿はマスト! うちは食費用の財布というものがあり夫がそれを持って買い物に行く事があるが、財布内のお札の枚数は把握した状態で渡す。仮にこっそり悪さしても家計簿をつけていればわかる。
  • 借金が増えたのはともかく、家から持ち出した分だけは自分でなんとか補填させる。
  • (予定)電子マネーの導入を検討中。
※カードと身分証は自己申告では隠し持っている可能性があるので、財布や鞄などの持ち物チェックの徹底。荷物チェックは時々抜き打ちで実施。

●回復への動きについて
  • GAについて調べる。会場や時間など。うちは初回のみ一緒に参加した。
  • 依存症の診療実績がある心療内科を探して通院。診察だけでなく、再発防止プログラムやカウンセリングなど多方向から取り組む。
  • わたし自身もギャマノンへ通う。
上記の他、
  • GPSで居場所がわかるようにした。
  • 夫の認知行動療法になるかも。とブログを開始。
  • それぞれTwitterを開始。

ざっとこんなところでしょうか…。


あとはとにかく話をするようにしているくらいかな。

日々の報告や相談など、普段から会話をすることで嘘や隠し事がわかりやすくなるかなと思うのと、ゲームやパチンコが「一人の世界に閉じこもること」だと思っているので、その習慣からなるべく遠ざけたいので。

あとはやっぱり、「様々なことを分かち合える人間」がいるということをわかってもらいたいのが一番かも。


こうして見ると色々やってるなぁ〜。自発的ではないにしろ、これら全てを素直に受け入れてやっているという点については、夫はまぁ優等生と言ってもいいのかなw


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


妻その20


妻その19 ギャマノンについて思うこと

夫にちゃんと病院とGAに行ってもらいたいので、わたしもちゃんとギャマノンを続けているわけですが、前回(多分4回目)参加した際にとっても気になってしまったことを書こうと思います。
※あくまで一個人の意見であって、決して何かしら批判しているのではないということをご理解の上お読みください。

その前に、「ギャマノンってなぁに?」だったり「行こうと思っているんだけど、どういう事をしているの?」という方の為にわたしなりに説明しますね。

ギャンブル依存症本人が通う自助グループ「GA(ギャンブラーズ・アノニマス」と同じく、依存症の家族・友人の為の自助グループとして「ギャマノン」というものがあります。
ちなみにどちらもサイトがあるのでより詳しく知りたい方はこちらへ。

GA日本インフォメーションセンター<JIC>ホームページ

ようこそギャマノンへ

どちらも医療従事者などは同席せず、メンバーはそれぞれ依存者本人、その家族たちというように、当事者たちだけで行われます。

海外ドラマや洋画などよく観る方なら一度は目にしたことがあるんじゃないかなぁ? お酒や薬などでトラブルになった人たちが集まって、自分の失敗や決意なんかを話してるシーンありますよね。まさにああいう感じですね。

ルーツが欧米(多分アメリカ)だと思うので、初めて行くとあのスタイル(発言前にニックネームを言うとみんながその名前を復唱したりする)に戸惑うと思いますが、多分すぐ慣れますし、メンバーの名前を覚えられるので便利ですw

ミーティングには進行役がいますが、それもメンバーの中から持ち回りでやっています。著作物があり、他はどうか分かりませんが、わたしが参加している会場では始めの30分くらいは、その本から進行役がピックアップした箇所を一人ずつ順番に音読します。その後決められたテーマか自分の話したいことをそれぞれ話して、みんなはそれを聞く。というのが通常のミーティングの内容です。


今回ひっかかったのは、この著作物について。

冒頭で断ってますけど、これは本当に一個人の意見なので、批判や問題提起ではないのでそのつもりで読んでくださいね! 多分若干デリケートな部分だと思うので。くれぐれもお願いします!


基本ギャマノンは、強迫的ギャンブラーによって精神的(時には肉体的にも)に傷つけられたり、人生のルートを突然変更させられた人たちが、その心の痛みやその後の自分の心構え、もしくは心自体を整える場所だなとわたしは思っている。

そしてその方法について記したいくつかの著作物は英語のものを和訳しているので、その心の拠り所がおそらくキリスト教における「神様」って解釈をすると、とてもすんなり入ってくる。

一方わたしは仏教もキリスト教も宗教学としては好きだが、手塚治虫の『火の鳥』の影響なのか、どうも自然信仰とか土地神信仰の方がしっくりくる人間なのだ(とはいえ、特にこれといった信仰を持っている訳でもない)。

なのでこの「神様」がどうも引っ掛かるうえに、神様との付き合い方も、神社の場合は決意表明して「よろしければ背中を押してくださいね」みたいにお参りするものだと思っているから、導いてもらうっていうのがますますわからない。日本人だからなぁ? って思ってTwitterでつぶやいたら、同じ性質の友人が

「私たちは自分で何とかするタイプだから、目に見えないものに精神的にも頼らないんだと思うよ」って言ってくれた。なるほど! 納得!

そうなのよね、わたしが欲しいのは「救い」ではなくて「知識」なのよね。少なくとも現段階では。 

参加者みんなの目的は同じ(心の平安)でも、通う動機はそれぞれで「救いを求めている人」もいれば、わたしのように「知識を求めている人」もいていいんだと思う。だってどちらもとても大切なことだから。わたしは知識を身につけて、夫の回復の手助けをしたいんだもん。
各々の信じるものを信じて、みんなで助け合ってやっていければそれでいいんだと思う。

ふ〜。まとまった。
これからは「神様」部分はあんまり気にせずに、今後もギャマノンに参加して行こう。

自分が行っている会場のメンバーさんたちのことも好きだしね!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


妻その19

夫その15 レッドゾーン突入

しばらく更新をさぼってました。

というのも先週ちょっと言い争いというか、怒られたというか・・・
バイトを見つけないと〜っていう感じなんですが、一企業に社員として働いている以上、
おいそれと就業規則をやぶって副業するわけにはいきません。
そう思ってるとバイトとかなんだとか、簡単にはどうするかなんて答えは出せません。

しかし、バイトをしないと金銭的にまずい。
なので探すしかありません。

という感じで一週間過ぎて行ったんですが妻に
「バイトはどうするんだ」
「早くしないと式までに貯められない」
「何もしないで一週間を無駄にしている」

ってな感じで言われて、さすがに号泣してしまった。
最近仕事が忙しくて、毎朝5時に起きて会社に行ってたんですが、
毎日続くと疲れて夜は眠くなります。
んで、夜ネットで何か探しててもウトウトしちゃうし、急に寝ちゃったりもします。

そんな状況で、無駄にしたって言われて正直限界を感じました。
必死で働いて、家事もして、なんとかできるバイトとか副業がないか探して、
土日もほとんど家事しかしてないような気もするし。

はっきり言ってこの状況で休みにバイトして稼いだら、わたくし過労で間違いなく倒れます。
ここ最近で体重も減ってきてます。
個人的には式を挙げた時点で終わりではないので、その先を見据えて仕事もしていかないといけない。
自分がかなりやらかしてしまったのが原因で、ここまで追い込まれてるので文句は言えない。

なんとか妻のためにも式を挙げたいとは思う。
それにはいろいろと覚悟を決めないといけない。
なんとかしたい気持ちと、なんにもできない状況がある。

きっとこれを読んだ人は、お前が悪いんだからなんとかしろよと思うかもしれないけど、
金を稼ぐだけの機械じゃないので、少しでも楽しく過ごしたい。
楽しく過ごしてもらいたい。

もうしばらくしたら、自分の持ち物(ゲームとか漫画とか)を全て売ることになる。
自分の少ない楽しみが確実になくなっていきます。
何か見つければいいんでしょうけど、ゲームとか漫画より面白いことってなんでしょうね。
わからないよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

夫その15

妻その18 パチンコ依存症という名の寄り道

ようやくここまでに起こった事件の諸々の記録が終わったので、今回は発覚以前と発覚後の事を少し書こうかなと。

亡き父親がパチンコやオートレースが好きだったので、ギャンブル耐性があったのがそもそもダメだったのかも。と思っている。
わたしの知る限り、父親はギャンブルと上手に付き合っていた人なので、それがデフォルトなんだと思っていた。だから夫がパチンコやスロットを打つ人っていうのは全然気にしてなかったし、「行ってくる」と言えば普通に送り出していた。

夫はわたしと知り合う前からパチンコを打ち続けてはいたものの、ここまでやらかしたのは残念ながら「結婚した」という事が引き金だと思う。皮肉な事に、わたしが人生の共同体になったことで「バレないように」とか「嘘をついて隠さなくては」とかそういう焦りが引き起こしたことなんだろうなぁ。と考えている。
でもまぁそれ以前からちゃんと払うべきものが払えていなかったという事を考えると、前からなんだろうな。とは思うけど。大暴れの原因はそうじゃないかと想定している。
とにかく発覚前の夫の心情は、罪悪感と嘘にまみれていたので、夫とはなんとなく話しが弾まなかったような気がする。ちょっと何か聞いてもはぐらかす感じ。そういう人なんだろうと思っていたので、不満は感じながらもまぁいいか。と思ってた。

では発覚後はどうか。というと、まぁ夫からしたら罪悪感はなかなか拭えないでしょうが、とりあえず嘘はもうつかなくていいようになったので、その分マシだと思ってもらいたい。
所持金やその他諸々にたくさんの規制はついたけど、それだって状況により見直していくのだし。悪い事をしたら罰があるのは当然のことなんだから、学校で怒られて、廊下に立たされていると思ってもらいたい。

一方わたしはというと、実は発覚後の方がメリットがたくさんあったりするw

*気になっていた夫の悪癖を全て改善するいい機会になった(室内で通話しない。とか、鞄の中に何が入っているかわからない。とか、踏み込み辛かった話もできるようになった。とか諸々)
*夫がお小遣い帳をつけるようになった。
*「パチンコ依存症」という共通の話題が出来た。
*家計簿を更に分かり易く作り直したのでお金の動きがより見やすくなった。
*ブログを開始して、長らく遠ざかっていた「絵を描く」事を復活させられた。
ツイッターやギャマノンで、今まで別の世界に居たたくさんの人たちと知り合えた。
などなど…。

一見夫のせいで本来のルートから外れたように思うけど、実はちょっと寄り道をしているだけで、この先は元の道に戻れるのかもしれない。どうせならその寄り道でたくさんの「良いもの」を見つけていければ、それはそれでいいよね。と思う。

ただし!
もちろん夫の回復と、使い込んだお金の返済はしてもらうのが大前提けどね!!

なるべく早めに元の道に戻れるように頑張らないとね。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

妻その18

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 累計: