前回に引き続き、夫の回復についてです。

この間ふと、【回復のプロセスがダイエットに似ている】と思った。
とはいっても本格的なダイエットをやったことがないので、あくまで今まで見聞きした印象で比較させていただくので、詳細については目をつぶってください

夫がめきめき回復しているな。という印象を受けたのは、実は1年までで、後発した鬱のせいかもしれないので断言はできないど、最近は少し停滞(というかやや退化)しているような気がする。

ダイエットも同じく、始めのうちは運動して脂肪を落として食事制限もして、割とするする体重も落ちるけど、ある時停滞期がくると聞く。
それがきたら今までのやり方を続けても成果は出なくなるので、今度は筋肉をつけて基礎代謝を上げ、痩せやすい体、太りにくい体を作る作業に入るらしい。

この【次の段階】がもしかしたら12ステップなのか?
と思ったって訳です。

実際1年経過したあたりでステップを踏み始める方が多いような気がするのだけど、これってもしかして1年の間にいわゆる【痩せやすい体】が出来上がったって事なのでは?
とにかく【ギャンブルをしない生活】というものが日常になるくらい長期間止める。それが成功したら次は【もっと根本的な問題解決】に乗り出す。という図式が、スポンサーシップと12ステップなのではないかと。
(ダイエットと同じくわたしはステップ踏んだ訳ではないのであくまでこれも人から聞いた話であったりネットで見た印象なので間違えていたら申し訳ないですが。)
人間が精神的に成長するには、誰かとがっつり組んで自身の内面や思考について話し合ったりすることが最も手っ取り早く確実な方法なのではないか。とわたしは思っているのだけど、つまりはこの【誰か=スポンサー】で、【内面や思考について考える議題=12ステップ】なんじゃないかな?
ロジックツリーのように、ギャンブルを止める→どうやって止めるか→何故止めないといけないか→そもそも何故やってしまったのかetc...というように、どんどん掘り下げていく事で無自覚だった自分のトラウマであったり根本的な原因に辿り着くんだと思う。
つまりは生き方、考え方を変えて行く作業なのでは。と考えてみると、実に理にかなっていて効果的な方法じゃないか

実はこれを書いている途中、夫がずっと前にやめた筈のタバコを復活させていたことが発覚して大喧嘩になった。かなり前からお小遣い帳に適当な数字を入力してタバコの出費を隠していたらしい。
またしても夫はわたしに嘘をつき、1年近く隠れてコソコソとしていたということが分かったショックたるや相当なものだった。

でも、一度経験したからこそなのかもしれないが、以前とは違いその後すぐにわたしは自分側の原因を考え、突き止め、それをやめようと思った。夫が何故こういう行動を取るのか。それは夫側にももちろん原因はあるけど、わたしの対応も間違っていたんだなぁ。と素直に思えたので、夫とちゃんと話し合ったのだけど、その際「ああ、夫はスポンサーシップと12ステップが必要な人だな」とつくづく思った。
夫は良くも悪くも【省エネ】だと思う。それは時には物事をスムーズに運ぶかもしれないけど、自分の内面を探る際にこの【省エネ】を発動させるのは、思考が停止してしまうのでよろしくない。そんな時にしっかりと付き合ってくれるスポンサーさんが居てくれたらいいのに。と思ってしまう。
人は自分が経験して学んだことの範囲でしか物事を考えられないから、わたしはなるべく夫に色々な事、物を見て、経験して、見識を広めてもらいたいと思ってきたんだけど、これも本人が受け入れてくれないと意味ないんだよね…。
となるとやはりまずは人の協力を借りながらやるのが良いので、「スポンサーさーん!」って思うのだけど、まぁ結局はこちらも本人の意思が優先される以上わたしは手出し出来ないのであった。
夫のやる気スイッチはどこにあるのかなぁ…。

ちなみに今回の事でわかった【わたし自身の問題】については、また改めて書こうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村

妻その51